DevilsnightjpことHidemaruのカナダの雑記
by devilsnightjp
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
管理人について
カナダに住んでいる学生。
性別:♂

好きなゲーム:World of Warcraft

性格:真性KY 虚無主義者

好きなこと及び趣味:
食うこと 考えること 読書 釣り

嫌いなものとこと:
限度を超えた甘いもの 感情的になること 限度を超えた低俗性と自身のモラルを超えた行動

カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
生き残ったらまた
ええと地震が起きて津波に放射線被爆などの危険が多数ある関東と東北ですが、
俺は16日に成田に向かって出発します。
元々その時期に帰国する予定だったけど、
ユナイテッド航空はRescheduleもRefundも15日までの便までしかうけつけないみたいで予定を変えることはできませんでした。
ビザは2014年まで有効だしカナダに留まることもできるけど、
このままここに残っていても電気も電話も全て止まるし生活費も航空券も捻出ができそうになく行き先がもう千葉県北部の実家しか残っていません。
余震も続き津波もまた来る可能性があって何が起きてもおかしくありませんし俺も死ぬかもしれませんが生きていたらまた書き込みをします。
例え死んでも誰も恨まないし、
親を助けることができるかもしれないから悔いももうない。
遺言みたいになってしまいましたが覚悟はできています。

ではここを見る人全てに、
生き残ったらまた。

devilsnightjp

World of Warcraft
Frostmourne鯖Horde
Warrior: Hidemaru
Shaman: Buchimaru
Death Knight: Trolocop

ニコニコ動画ユーザー名 japowack
http://www.nicovideo.jp/user/508758
Twitter登録名Maruhidemaru
http://twitter.com/#!/Maruhidemaru
[PR]

# by devilsnightjp | 2011-03-13 16:26 | その他
さよなら?WoW
日本人と活動することがほとんどなくなり外人ギルド所属になったりRestoShmがメインになってたりしましたが時間がないので休止します。
外人ギルドにはグラボが燃えたと言ってあるけどグラボが不安定で25LKとかSindの時にはGPU温度かなり上がってたしあのまま続けてれば燃やしてたかもしれないので完全な嘘ではないはず・・・
まあ一番の原因は今とってる真理だとか倫理だとかが難解すぎるからなんだけどね。
[PR]

# by devilsnightjp | 2010-11-17 08:16 | WoW
The Tragedy of Commons
コモンズの悲劇という言葉を聞いたことはないだろうか。
制限のない共有は資源を枯渇させるということなんだが人の本質がうまく表されてるような気がして非常に興味深い。
たとえばマンションの住人が利用できる竹林があってそこから筍がとれるとしよう。
まず少数の人が筍をとって食べたとする。
そしてそれを聞いた他の住人も我先にと筍をとる。
食べられる筍の数は減ったが住人たちは自分の取り分を増やし、減らさないため本来ならば食べられない地上に出てきた筍までもとってしまう。
新しい竹がのびることはなく地面は掘り返されて竹林は徐々に弱っていき最終的には竹林は筍の資源としては成り立たなくなってしまう。
こういったことは形は違えど様々な事で起こって資源を枯渇させていく。
だから何らかの形で制限しなければいけなくそれが可能なのは個人の権利を超える権力すなわち政府や自治体なのだが・・・
近年の環境問題を見てるといくら声高くエコを叫んでも自分が制限されるのはいやだという人間が多いように思える。
いくら奇麗事を言っても結局は自らの利益を最優先する。
非常に偽善的だ。
だから俺は軽々しくエコとか言う人は大嫌いだ。
[PR]

# by devilsnightjp | 2010-01-29 23:57 | その他
最近
ゲーム自体しなくなってきました。
忙しいなりにも多少時間はあるんですけどね。
なんか面白くなくなってきたというか楽しめなくなってきたような気がする。
[PR]

# by devilsnightjp | 2010-01-28 23:19 | その他
5週記念
なんでもWoWサービス5周年記念で停止している俺のアカウントを7日間無料で復活させることが出来るみたいだ。
他のMMOからも垢復活のメールが届いていたけどここはWoW一択ですな。

復活させてから3日でBuchimaruのlvが75→79に。
他鯖と統合されたダンジョン攻略パーティーマッチングシステムが便利すぎ。
外人とはいえ面子に困ることはなくBuchimaruはひたすらヒールしてるだけだった。
やろうと思えばlv80にすることもできるんだろうけど今度はHidemaruのほうをなんとかすることにした。

思えば半年以上やってなかったWoWだが見ると新しいダンジョンが4つも増えててRaidもBossも増えている。
装備は当然旧式化してて小雑魚Tankから超雑魚Tankになってしまっていた。
とりあえず新しいダンジョンを楽しんで装備を集めておくことにする。
Heroicはやめとこ。
なんだかんだ言ってもWoWは装備ゲーで弱い装備のTankなんて迷惑以外の何者でもないからね。

しかしまあ色々な変更が入っててどんどん遊びやすくなってきてる。
それでこそWoWなんだけど無印時代とは別のゲームになってしまったみたいだ。
PSPのMHP2GとかはやったりもするけどMMOはもう他のゲームできそうにないわ。
[PR]

# by devilsnightjp | 2009-12-17 11:14 | WoW
鳳梨酥
少し前のこと、メールをやりとりしている台湾の方から鳳梨酥とDVDを頂いた。
その方は台湾の大学の日本語学科を卒業し現在日本語を使う職場で働いているのだが、
卒業公演で日本語の劇を行ったそうだ。

その劇のDVDと鳳梨酥を頂いたわけだが、
この鳳梨酥という食べ物。
日本では一般的にパイナップルケーキと呼ばれているもので台湾を代表する銘菓なのだ。
幼いころ俺はこれをよく食べお腹を壊してしまったことさえある思い出のお菓子だったのだが、
俺はここ10年ほど食べていなかった。
台湾を訪れたことは何回かあったものの何故かきれいさっぱり忘れてしまっていたようだ。

10年ぶりに食べるパイナップルケーキ。
食べると口の中に独特のバターの香りが広がりパイナップルで作られた餡のうま味がしつこくなく後を引く。
ああ、幼少のころより好きだったパイナップルケーキ。
今でも俺は大好きだ。

DVDでは台湾の学生さんたちが多少発音に違和感があるものの歌や踊りを混ぜながらもところどころで笑える見事なミュージカルを演じていた。
気付いたことは劇に参加している人数の多さ、それも女の子が多かったことだ。
うちの大学でも日本語は人気のある講義なのだがあれほどの人数が日本語を勉強しているとは恐れ入った。

さて、喜劇と思い出の味という2つの感動を味わったのは良いものの、
一つ難題ができてしまった。
ここまでしてもらったからには俺は彼女に感謝の気持ちを示した物を贈るべきなのだが、
2つの大きな感動に見合うだけの物はなんなのだろうか?
高い物を贈って相手を遠慮させるつもりはないが相手が感激するようなものを贈りたい。
恩には感謝の気持ちをもって相手に礼節を尽くすべきだと俺は考えているのだがいかがなものだろうか。
日本はおいしい物が多い分これが日本だ!と胸を張れるようなものがあまりないように思えてしまう。
直接台湾に行って感謝の気持ちを述べるべきか?
いやそれはキモいだろうしナンパ目的と思われてしまうかもしれないしそれだけは避けたい。
はてさて困った・・・・
[PR]

# by devilsnightjp | 2009-08-06 03:38 | その他
クーラー
日本に来て以来全くと言っていいほど夜にきちんと眠ることはできなかった。
理由は暑さ。
日本は成田に到着して飛行機から出たとたんむわっとするほど蒸し暑い。
そして俺は暑いのが苦手で寒いのを好む。

俺が今寝泊まりしている部屋のクーラーはリモコン紛失のため昨日まで動かすことができなかった。
ベッドで横になる→しみだしてくる汗→タオルで体をふく→以下繰り返し
という状態で俺はずっと不眠症+寝不足だったのだが。

昨日リモコンをついに発見。
ようやく除湿だけでもできるようになったと除湿しながら寝ようとしたところ。
ポタポタと闇の中変な音が。
クーラーの下部から水が滴り落ちてた。

ということで気持ちよく眠れるようになったのはいいがバケツを手放せない日々を送ることになりそう。
[PR]

# by devilsnightjp | 2009-07-16 03:35 | その他
中二病タイム入ります
しばらく前のことだが、
年を同じとする従兄弟が婚約者を連れて祖母のもとに挨拶にやってきた。
近くに住む俺と家族も祖母のもとに行き一緒に話をしたのだが
その時に母から言われた一言がある。
俺もいずれは結婚すると。
これは一般論としては正しいものだろうが、
俺としては疑念に満ちたものとなった。
恋愛は愚か初恋の経験さえない俺のような人間にとっては結婚という物はただ未知なるものでしかなく、
それ故現実感など皆無なのだ。

では結婚とは一体何なのであろうか。
近年急激にメディアで報道される婚活なるもの。
女性を中心とした結婚活動の略だ。
彼女たちは結婚することを目的と及び最終目標として見ており、
そのためならば金銭を惜しみなく使い理想の男性を求める。
彼女たちの理想が現実離れした高根の花だということには気付かず、または直視をせずに。
その奥に秘めるものはなんなのであろうか。

現在日本の経済状況はお世辞にも良いとは言えず、
失業という恐怖に怯えつつも日々の仕事をこなしていくのは耐えがたい辛さがあるだろう。
そんな中で彼女たちが理想とする高収入の男性は将来への不安を消し、更には経済的な充実をもたらすものなのだろう。
そこには恋愛だとか愛情は一切関わりがない。

彼女たちにとってはこれは不安からの逃避なのではないか。
結婚は古くからの制度で時には政略戦略的なもの経済的なものとして成り立ってはいたが
一般的には愛情が行きつく先だったのではないかと思う。

全ての人が年齢や性別関係なく同じ収入を得ていたかつてのソビエトロシアでは結婚は純粋に恋愛や愛情の末の物だったと聞く。
しかし現在の日本では経済及び社会契約に似たものになっている。
ならば母の言葉は俺は経済及び社会契約をせよということになってしまう。
それならば何かしらメリットがあってもよいのだが俺にはそれさえも見れない。

或いは結婚は子孫を得るための手段なのだろうか。
たしかに日本においては結婚して家庭を築くという観念が強い。
しかしカナダにおいては多数のシングルマザーやシングルファザーが居てそういう家庭に生まれ育ったものも多かった。

借りに自分という人間が結婚するのであれば家庭を得るための手段としてや社会契約としてのものは御免被る。
自身に対する得がまるで見当たらないからだ。
ならば従兄弟のように恋愛の結果としての結婚はありえるか?

それこそが一番難しいものだろう。
初恋の経験さえない俺にとっては恋愛とは未知なるもの。
余は無常であり常に変化するものではあるが俺には自ら進んで未知に踏み込める勇気はない。
未知なるものへの恐怖というものが俺の中には存在しており、
興味がない限り自ら未知の暗闇の中に入ることは無い。

人は言う恋愛とは素晴らしい物であり俺も体験するべきだと。
そしてそのための努力をしろという「がんばっていい人見つけろ」と
しかし他人を好きになるということは努力をしてすることなのだろうか?
何を努力しろというのだろうか。
痴情をもって女性に近づくのは容易いだろうがそれは俺が己の行動としては嫌悪する部類の行動である。
その痴情の結果子ができ結婚する人もいるだろうがそんなことをするのならば一人でいたほうがよい。
むしろ痴情抜きで心を許せる友人のほうが良い。
ならば性別も関係ないし未知なるものでもない。

母には悪いが俺は形骸化した社会契約など必要としていない。
良い友を持てばそれで十分なのだ。
[PR]

# by devilsnightjp | 2009-07-12 03:07 | その他
秋葉原
日本に到着した後、
当初のバイトをするという予定は先延ばしになり、
親の仕事の手伝いをすることになりました。
その内容とは事務所の引っ越しと引っ越し先でのPC等の立ち上げ。

さすがにPentium3時代の物では遅すぎるということで新たなPC購入も含めて色々やっております。
その過程の中で行くことが多くなった場所が秋葉原。

この前Irakliさんと会った時に色々案内してもらったものの、
秋葉原は狭い地区のようで実際はかなり入り組んで広い場所だとわかりました。

日本には一般的にオタク文化と呼ばれるものが存在する。
これはカナダを含む日本以外の国でもあるようだが日本と比較すれば小規模なようだ。
そしてオタク文化の中心地のひとつが秋葉原らしい。

秋葉原を訪れる理由はPCと周辺機器の調査と購入でありそれ以外には食事をする程度しか用がない。
だがあたりを見渡してみれば非常に特殊な文化が俺を取り巻いていた。
周りには一般的にオタクと呼ばれるであろう人たちが闊歩しており、
彼らを対象にするであろう様々な店が並んでいた。

駅近くを歩いていると女性の客引きにつかまってしまった。
どうやら画廊の案内係らしい。
俺は芸術には疎く、特定の対象にしか興味がない。
それは歴史背景と歴史的か政治的な価値。
そこでその客引きの女性に質問してみた。
イワン雷帝やピュートル大帝の肖像画や戦争を描いた近代以前の絵のレプリカはあるか。
返ってきた答えは「私歴史ニガテー」。
話にならない。
現代美術しか置いていないのあればその画廊など俺にとっては無価値でしかない。

その他にあるのは電気製品やPC及びゲーム関連の品々を売る店だがこれらはどうして目に入るほど派手な色彩をしている。
ネオンの光は明るく表通りを包み込み、
派手な広告と壁に塗られたアニメ絵やポスターをよく目にする。
それとは対照的な店頭に並べられたPC関連機器の数々と多数の値札。
全く派手としか言いようがない。

それと先に述べたオタクの方々とは違った派手な服を着た人たち。
コスプレと呼ばれる服装だ。
あたかもハロウィンのごとくサテンなどで光る原色の、しかも一般的には着られることがないであろう服を着た方々は俺の目にはまるで観光客向けアトラクション、もしくはサファリパークなどで見かける動物たちのようであった。
彼らと俺は住む世界も価値観も全く異なるのだろう。
俺にとっては彼らの服装や仕草が物珍しく、ただただ珍妙なものとしてしか見ることができなかった。

そんなコスプレの一種であろうものがフレンチメイドや浴衣などを着て客引きをしている女性たち。
これはメイドカフェと呼ばれる店の客引きだろう。
ただし彼女らの服装は本物のフレンチメイドよりもレースを多用し派手かつ女体をアピールするかのように改造してあった。
そしてやたらと耳にする「ご主人様」という言葉。
そもそもメイドとは元来中世から近代の欧州において農奴及び中流未満の階級に生まれた娘たちが奉公として貴族や中産階級の家で住み込みでタダ同然で働いていたものである。
現在では給料の貰える家政婦としての職業に定着したものではあるが、
何故この秋葉原でそれと似て非なる格好で客引きをしているのであろうか。

理由は分からないし知っても共感することはないだろうがそれが人気で商売が成り立っているのだろう。
対象は男性で、更にメイド風の格好をした女性のアニメ絵のポスターなども多かったことから、
これはエロゲーなどに起源持つ性欲絡みの商売と見受けられる。
風俗とは違うようだがところどころに見られるエロゲーや18禁商品とあわせてこの街では特殊な欲望が渦巻いている模様だ。

Irakliさんに案内されてもらってから計5回以上も俺はこの町を訪れている。
奇抜で予想のできない秋葉原ではあるが総合的にみると様々なものが入り乱れていて大層混沌としているのと色彩の派手さも合わさって俺の目には使いかけのフルーツ消しゴムのようにしか見ることができなかった。

アメリカ人の記者に絶賛されていたゴーゴーカレーという店。
派手なゴリラの外装から目についたので入ってみた。
そこにあったどうやらチャレンジメニューらしいメジャーカレーという物を注文してみた。
フォークを使って食べるということを知らない俺はスプーンをもらい使ったが力を入れすぎたのか折ってしまった。
まあフォークでも十分に食べられる。
量も挑戦!とか書いてあった割には大したこともなく簡単に食べれた。
2枚のカツと海老フライとソーセージとゆで卵の乗ったカレーを食べたのは初めてであり、
これが数回行った中で一番印象に残ったことだった。
[PR]

# by devilsnightjp | 2009-06-27 02:40 | その他
高菜コンビーフチャーハン
久々にコンビーフを買ったので調理する。
まずは鍋に水を入れパックのままのコンビーフを投入してフォークでパックに穴を開ける。
e0004074_940137.jpg

コンビーフといっても缶詰ではなく塩漬け肉のほう。
これをゆっくり長時間煮込むと美味しいスープと缶詰とは全く別物のおいしいコンビーフができます。
3時間後。
e0004074_9413429.jpg

火は通ったみたいなのでパックの中の肉汁を逃がさないように別の鍋に移し変えて味見。
ちょっと硬いので切った後さらに1時間煮込む。
e0004074_9431464.jpg

どうやら筋が多いせいで固いみたいなのであきらめて一晩冷ます。
そして表面の油を取り除きほぐした肉少々と肉汁のスープを水を半分だけ入れた電機釜でご飯と一緒に炊く。
スープがご飯にしみこんでピラフみたいな味になりますが今回は水の分量が多めなので薄味。
e0004074_9455042.jpg

薄味にした理由はチャーハンにするため。
刻み高菜と卵で炒めて胡椒で味付け。
肉汁スープの塩味があるので塩は使わない。
e0004074_947764.jpg

生肉のコンビーフは日本では売ってないため作れないこの料理。
美味しくいただきました。
[PR]

# by devilsnightjp | 2009-06-05 09:48 | その他